• まつばらペットクリニック

おもらしについて

今日も福岡市は暑いです。気温35℃をマークしています。


ところで、診療をしていていつも感じていることがあります。


それは飼い主様のおっしゃっていることが、どうぶつの病気のサインなのか生理的なものなのかと言うことです。


特に最近気になるのが”おもらし”。


診療中にときどき飼い主様が、この子はお漏らしするんですよ。とさりげなく言うときがあります。


おそらく飼い主様もお漏らし自体が病気とは思っていないので、さりげなく話してくださっているのだと思います。


ところがじつはこのお漏らし。病気のサインであることがあります。


僕が経験したことがですが、いま腎機能低下の治療中のキール君も、最初の異変はお漏らしでした。


キール君も14才、正直年齢のせいかとも思いました。


ところがその数ヵ月後、腎機能低下が分かります。


これは僕の考えですが、おそらく腎機能低下により飲水量が増え、その分尿量も増えたことで、オシッコを我慢することができなくなったのではないかと思います。結果トイレ以外のところで排尿したのではないかと思います。


僕は、常々飼い主様には飲水量はチェックしておいた方がいいですよとお伝えしていました。


もちろん今もその考えに変わりはありません。


ただ、それに加えてお漏らしもしないかどうか見ていてください、とお伝えするようになりました。もしいつもはトイレで排尿できていたのに、ここ最近トイレ以外の所で排尿するようになった。しかも尿量が多いし色も薄い。


これは病気のサインかもしれません。


もちろんお漏らしが必ずしも病気とは限らないので、一番いい方法は尿検査だと思います。


もし気になるようであれば、当院にお問い合わせください。









56回の閲覧

最新記事

すべて表示

獣医師のひとり言。

ワンコやネコさんもヒトと同様長生きの時代になりました。 今日、16才のミニチュアプードルさんが息を引き取った、と飼い主さまから連絡を頂きました。 16才まで飼い主さまと一緒に生活できて、幸せな一生だったと思います。 ワンコが16才まで生きることはなかなか難しいとは思いますが、飼い主さまとたくさん楽しい思い出が出来るようこれからもお手伝いしていきたいと思います。

来院する際のお願い

4月に緊急非常事態宣言が出され、引き続き5月末まで延長ということになりました。 当院では午後の診療時間を30分短縮して行っております。 またそれに伴い、来院する際ネコさんは必ず洗濯ネットに入ってもらった上、キャリーケースにいれて連れてきて下さい。病院内窓を開けています。もしネコさんが病院から脱走しても、当院では責任おいかねます。 また院内へは、どうぶつ1匹に対して飼い主さまお一人のみでお願いいたし