top of page
  • 執筆者の写真まつばらペットクリニック

おもらしについて

今日も福岡市は暑いです。気温35℃をマークしています。


ところで、診療をしていていつも感じていることがあります。


それは飼い主様のおっしゃっていることが、どうぶつの病気のサインなのか生理的なものなのかと言うことです。


特に最近気になるのが”おもらし”。


診療中にときどき飼い主様が、この子はお漏らしするんですよ。とさりげなく言うときがあります。


おそらく飼い主様もお漏らし自体が病気とは思っていないので、さりげなく話してくださっているのだと思います。


ところがじつはこのお漏らし。病気のサインであることがあります。


僕が経験したことがですが、いま腎機能低下の治療中のキール君も、最初の異変はお漏らしでした。


キール君も14才、正直年齢のせいかとも思いました。


ところがその数ヵ月後、腎機能低下が分かります。


これは僕の考えですが、おそらく腎機能低下により飲水量が増え、その分尿量も増えたことで、オシッコを我慢することができなくなったのではないかと思います。結果トイレ以外のところで排尿したのではないかと思います。


僕は、常々飼い主様には飲水量はチェックしておいた方がいいですよとお伝えしていました。


もちろん今もその考えに変わりはありません。


ただ、それに加えてお漏らしもしないかどうか見ていてください、とお伝えするようになりました。もしいつもはトイレで排尿できていたのに、ここ最近トイレ以外の所で排尿するようになった。しかも尿量が多いし色も薄い。


これは病気のサインかもしれません。


もちろんお漏らしが必ずしも病気とは限らないので、一番いい方法は尿検査だと思います。


もし気になるようであれば、当院にお問い合わせください。









閲覧数:60回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ピットフォール

昨日は診療の難しさについて書かせていただきました。 今日は感染症の難しさについて自分の意見をつらづら述べたいと思います。 感染症、治療は難しくありません。細菌感染なら抗生剤、寄生虫疾患なら駆虫薬、ウイルス性疾患なら抗ウイルス薬。 ではなにが難しいのか? 理由の1つに情報の過多があるようです。 僕たちが受講するセミナーも、皮膚病なら食餌アレルギー、アトピーなどとちょっとやそっとでは治らない病気がメイ

獣医師が治療に難しいと感じたこと。

Instagramとかツイッターでは写真を中心に載せて誰でも見やすいように情報を発信していますので、ブログでは少し真面目な話しを書いていこうと思います。 お題は治療に難しいと感じたことです。 というと難病に対してどう取り組んでいくかということになりますが、じつは難病に関しては情報がたくさんあるので、治療にはそこまで苦労しません。 では、なにに対して治療が難しいかというと、飼い主さまが心配されている

Comments


bottom of page