top of page
  • 執筆者の写真まつばらペットクリニック

これって、病気なの?病気じゃないの?

おはようございます。


InstagramやFacebookでは、ワンコやネコさんの写真をたくさんアップしておりますので、ブログでは真面目な話をしていきます。


テーマは病気?病気じゃない?です。


みなさんは体調が悪いときは病院に行くと思います。


おそらく数日間様子を見たけれど、なかなか改善が見られない。そのため病院に行くのではないでしょうか?


ところが、どうぶつの場合は体調が悪いかどうかは本人(?)に確認することは出来ないので、あくまでも飼い主さまの判断によるところが大きいと思います。


あきらかに吐く、下痢する、グッタリしているといった場合は、どうぶつ病院へ連れて行くきっかけになると思いますが、一番難しいのは食欲あるけれど元気がない。元気はあるけれど、食欲がない。といったような病気のようで病気じゃないといったときが、一番難しいと思います。


でもそういう迷いがあるときがあったら、ぜひどうぶつ病院へ行きましょう。


どうぶつは症状を隠します。


病院へ連れて来たときは、既に症状が進んでいてなにもすることが出来ないということがあります。


あとは定期的な血液検査、尿検査をお勧めします。


当院では、3月から春の健康診断キャンペーン行っております。


ぜひこの機会を利用して下さい。





閲覧数:48回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ピットフォール

昨日は診療の難しさについて書かせていただきました。 今日は感染症の難しさについて自分の意見をつらづら述べたいと思います。 感染症、治療は難しくありません。細菌感染なら抗生剤、寄生虫疾患なら駆虫薬、ウイルス性疾患なら抗ウイルス薬。 ではなにが難しいのか? 理由の1つに情報の過多があるようです。 僕たちが受講するセミナーも、皮膚病なら食餌アレルギー、アトピーなどとちょっとやそっとでは治らない病気がメイ

獣医師が治療に難しいと感じたこと。

Instagramとかツイッターでは写真を中心に載せて誰でも見やすいように情報を発信していますので、ブログでは少し真面目な話しを書いていこうと思います。 お題は治療に難しいと感じたことです。 というと難病に対してどう取り組んでいくかということになりますが、じつは難病に関しては情報がたくさんあるので、治療にはそこまで苦労しません。 では、なにに対して治療が難しいかというと、飼い主さまが心配されている

Comments


bottom of page