top of page
  • 執筆者の写真まつばらペットクリニック

ストレス?

筆者が獣医師に成り立てのころ、どうぶつの皮膚病にストレスも関わっていることを初めて知りました。


当時は、画期的な発見だったと思います。


飼い主さまにもどうぶつにもストレスがあるということを伝えると、みなさんよく感心されたものです。


あれから15年・・・


いまでは、飼い主さまから「原因はストレスですか?」と聞かれるようになりました。


それだけ、どうぶつに対する見方が変わってきたのでしょう。


ただ筆者が言いたいのは、そんなストレスのかかるような飼い方をみなさんされているんですか?ということです。


少なくとも当院へ通院されている飼い主さまは、本当によくどうぶつのことかわいがっていらっしゃいます。それがストレスとなるのであれば、どう接すればいいか分からなくなってしまいます。


たしかに、どうぶつ達も疲れはあるかもしれません。飼い主さまに、心配をかけないように頑張っているかもしれません。


一方ストレスが原因ではないのに、飼い主さまがストレスと判断してしまって、せっかく治すことが可能な病気を見逃している可能性もあります。


いつもとなにか違うと思ったらストレスと考えず、まずはどうぶつ病院を受診してください。


原因がストレスなのかどうか、それは獣医さんの仕事です。


閲覧数:90回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ピットフォール

昨日は診療の難しさについて書かせていただきました。 今日は感染症の難しさについて自分の意見をつらづら述べたいと思います。 感染症、治療は難しくありません。細菌感染なら抗生剤、寄生虫疾患なら駆虫薬、ウイルス性疾患なら抗ウイルス薬。 ではなにが難しいのか? 理由の1つに情報の過多があるようです。 僕たちが受講するセミナーも、皮膚病なら食餌アレルギー、アトピーなどとちょっとやそっとでは治らない病気がメイ

獣医師が治療に難しいと感じたこと。

Instagramとかツイッターでは写真を中心に載せて誰でも見やすいように情報を発信していますので、ブログでは少し真面目な話しを書いていこうと思います。 お題は治療に難しいと感じたことです。 というと難病に対してどう取り組んでいくかということになりますが、じつは難病に関しては情報がたくさんあるので、治療にはそこまで苦労しません。 では、なにに対して治療が難しいかというと、飼い主さまが心配されている

Comments


bottom of page