top of page
  • 執筆者の写真まつばらペットクリニック

皮膚の腫瘤

当院は半導体レーザーを導入しているため、皮膚腫瘤切除の際できるだけ出血を少なくして摘出することが可能です。


上記の写真は、ワンコの足の腫瘤から出血が続くということで飼い主さまが手術を希望されました。


こういう大きさの皮膚腫瘤だと悪性腫瘍が疑われますが、病理診断の結果は良性でした。やはり手術してみないと分かりません。


皮膚腫瘤は良性70㌫悪性30㌫といわれていますが、出血し出すとなかなか血が止まりません。


わんちゃんの皮膚の腫瘤で困っている飼い主さまがいらっしゃいましたら、一度診察にいらっしゃってください。


閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ピットフォール

昨日は診療の難しさについて書かせていただきました。 今日は感染症の難しさについて自分の意見をつらづら述べたいと思います。 感染症、治療は難しくありません。細菌感染なら抗生剤、寄生虫疾患なら駆虫薬、ウイルス性疾患なら抗ウイルス薬。 ではなにが難しいのか? 理由の1つに情報の過多があるようです。 僕たちが受講するセミナーも、皮膚病なら食餌アレルギー、アトピーなどとちょっとやそっとでは治らない病気がメイ

獣医師が治療に難しいと感じたこと。

Instagramとかツイッターでは写真を中心に載せて誰でも見やすいように情報を発信していますので、ブログでは少し真面目な話しを書いていこうと思います。 お題は治療に難しいと感じたことです。 というと難病に対してどう取り組んでいくかということになりますが、じつは難病に関しては情報がたくさんあるので、治療にはそこまで苦労しません。 では、なにに対して治療が難しいかというと、飼い主さまが心配されている

Comentarios


bottom of page