top of page
  • 執筆者の写真まつばらペットクリニック

腹腔内陰睾

今日は、腹腔内陰睾のためお腹を開けて精巣を摘出する手術を行いました。


手術したワンコはチワワです。


手術自体は無事終了しました。


あとは病院でゆっくり休んで明日退院です。


精巣は生後半年後に陰嚢に降りてくるはずですが、中にはお腹の中にずっと残ってしまうことがあります。


お腹に残ってしまうと、将来腫瘍化する可能性があるといわれています。


そのため早めの摘出をお勧めします。





閲覧数:65回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ピットフォール

昨日は診療の難しさについて書かせていただきました。 今日は感染症の難しさについて自分の意見をつらづら述べたいと思います。 感染症、治療は難しくありません。細菌感染なら抗生剤、寄生虫疾患なら駆虫薬、ウイルス性疾患なら抗ウイルス薬。 ではなにが難しいのか? 理由の1つに情報の過多があるようです。 僕たちが受講するセミナーも、皮膚病なら食餌アレルギー、アトピーなどとちょっとやそっとでは治らない病気がメイ

獣医師が治療に難しいと感じたこと。

Instagramとかツイッターでは写真を中心に載せて誰でも見やすいように情報を発信していますので、ブログでは少し真面目な話しを書いていこうと思います。 お題は治療に難しいと感じたことです。 というと難病に対してどう取り組んでいくかということになりますが、じつは難病に関しては情報がたくさんあるので、治療にはそこまで苦労しません。 では、なにに対して治療が難しいかというと、飼い主さまが心配されている

Comments


bottom of page