• まつばらペットクリニック

腹腔内陰睾

今日は、腹腔内陰睾のためお腹を開けて精巣を摘出する手術を行いました。


手術したワンコはチワワです。


手術自体は無事終了しました。


あとは病院でゆっくり休んで明日退院です。


精巣は生後半年後に陰嚢に降りてくるはずですが、中にはお腹の中にずっと残ってしまうことがあります。


お腹に残ってしまうと、将来腫瘍化する可能性があるといわれています。


そのため早めの摘出をお勧めします。





62回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年1月からの診療時間変更のご案内

早いもので12月に入りました。 今年は始まり、コロナウイルスで終わりそうな一年です。 福岡市も12月に入り、コロナウイルス感染症患者数が増えてきています。 当院でもスタッフの感染予防のため、2021年1月より当分の間診療時間を変更いたします。 平日、土日祝日は午前9:30から12:00 午後の診療は、平日、土は3:00〜6:30 日曜祝日に関しては2:00〜5:00とさせていただきます。 土日祝日

獣医師のひとり言。

ワンコやネコさんもヒトと同様長生きの時代になりました。 今日、16才のミニチュアプードルさんが息を引き取った、と飼い主さまから連絡を頂きました。 16才まで飼い主さまと一緒に生活できて、幸せな一生だったと思います。 ワンコが16才まで生きることはなかなか難しいとは思いますが、飼い主さまとたくさん楽しい思い出が出来るようこれからもお手伝いしていきたいと思います。