• まつばらペットクリニック

歯石除去

ここ最近、歯石除去を希望される飼い主さまが増えています。


歯石除去することでお口の臭いはもちろん、健康管理にも一役買っています。


ワンコは高齢になると、僧帽弁閉鎖不全症という病気にかかりやすくなります。歯石の菌と僧帽弁閉鎖不全症に付着していた菌が一緒だったという報告もあります。


つまり、僧帽弁閉鎖不全症の原因の一つとして歯石の菌という事が考えられます。



写真は8才のヨーキーさんです。


歯に歯石がかなり付着しています。


麻酔処置のもとで歯石除去を行ったところ・・・・


ここまでキレイにすることが出来ました。


麻酔のリスクはゼロではありませんが、歯石による体への影響と麻酔による体への負担、これらを比べてみると歯石による影響のほうが大きいです。


ぜひご検討ください。


68回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

犬の避妊手術について

当院では、生後6ヶ月以上の犬の避妊手術を行っております。 麻酔処置のもとで行います。 そのため、避妊手術ご希望の方はワンちゃんと一緒にご来院ください。 その際、麻酔処置が可能かどうかの検査を行います。 検査上特に大きな問題がなければ、手術する日を予約していただきます。 手術する日は、月曜日から土曜日までとなっております。 火曜日は、翌日休診日なので退院は木曜日となります。 手術の費用は、35000

2021年1月からの診療時間変更のご案内

早いもので12月に入りました。 今年は始まり、コロナウイルスで終わりそうな一年です。 福岡市も12月に入り、コロナウイルス感染症患者数が増えてきています。 当院でもスタッフの感染予防のため、2021年1月より当分の間診療時間を変更いたします。 平日、土日祝日は午前9:30から12:00 午後の診療は、平日、土は3:00〜6:30 日曜祝日に関しては2:00〜5:00とさせていただきます。 土日祝日