• まつばらペットクリニック

歯石除去

ここ最近、歯石除去を希望される飼い主さまが増えています。


歯石除去することでお口の臭いはもちろん、健康管理にも一役買っています。


ワンコは高齢になると、僧帽弁閉鎖不全症という病気にかかりやすくなります。歯石の菌と僧帽弁閉鎖不全症に付着していた菌が一緒だったという報告もあります。


つまり、僧帽弁閉鎖不全症の原因の一つとして歯石の菌という事が考えられます。



写真は8才のヨーキーさんです。


歯に歯石がかなり付着しています。


麻酔処置のもとで歯石除去を行ったところ・・・・


ここまでキレイにすることが出来ました。


麻酔のリスクはゼロではありませんが、歯石による体への影響と麻酔による体への負担、これらを比べてみると歯石による影響のほうが大きいです。


ぜひご検討ください。


閲覧数:74回0件のコメント

最新記事

すべて表示

9月18日日曜日、9月19日月曜日の診療において、台風の影響によりスタッフの出勤、退勤が難しいと判断した場合は、診療時間の短縮も検討しております。 ご不便ご迷惑おかけしますが、あらかじめご了承下さい。

お盆期間は下記の診療時間となります。 8月13日(土)9:30〜11:30 14:00〜16:30 8月14日(日)9:30〜11:30 14:00〜16:30 8月15日(月)9:30〜11:30 14:00〜16:30 緊急、救命救急への対応はできる限り行いますが、ご期待に添えない場合がございます。 診療費において、初診料1575円、一般身体検査料1100円のほか血液検査、レントゲン検査、その

5月3日(火)、5月5日(木)は日曜祝日の診療時間となります。 5月4日(水)は休診日となります。 他院にて治療中のワンコやネコさんの継続治療も行います。