top of page
  • 執筆者の写真まつばらペットクリニック

自己紹介

おはようございます。


現在Instagramにおいて、にこの写真を随時アップしています。


このブログでは動物病院の内緒の話、病気の話し、Instagramでは伝えられないことをアップしていくつもりです。


まずは自己紹介から・・・


当院が長丘で開院して15年が経ちました。


あっという間の15年でした。


筆者は東京都江東区の動物病院で4年近く代診をしており、そのあと福岡にもどり夜間救急動物病院で2年間お世話になりました。


出身地は熊本なので福岡に戻りという表現はおかしいかもしれません。


ただ、父の実家が熊本県荒尾で大牟田まで徒歩10分だったこともあり、お盆や正月には父に連れられて福岡へ遊びに来ていたこともあります。


そういう経過から熊本出身ではありますが、縁あって福岡市南区長丘で開院という運びになりました。


東京都江東区は下町で人情あふれる町で、他人どうしでもすぐに仲良くなれるそういう雰囲気の町です。そのため動物病院に来られる飼い主さんもそういう方たちばかりでした。

こういうざっくばらんな雰囲気が好きで、当院でも気軽に来院できる病院を目指しておりま

す。


ペットと一緒に生活する中、生活様式も様々でいろいろお困りのことがあると思います。

その際は遠慮なく当院へご連絡ください。

閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ピットフォール

昨日は診療の難しさについて書かせていただきました。 今日は感染症の難しさについて自分の意見をつらづら述べたいと思います。 感染症、治療は難しくありません。細菌感染なら抗生剤、寄生虫疾患なら駆虫薬、ウイルス性疾患なら抗ウイルス薬。 ではなにが難しいのか? 理由の1つに情報の過多があるようです。 僕たちが受講するセミナーも、皮膚病なら食餌アレルギー、アトピーなどとちょっとやそっとでは治らない病気がメイ

獣医師が治療に難しいと感じたこと。

Instagramとかツイッターでは写真を中心に載せて誰でも見やすいように情報を発信していますので、ブログでは少し真面目な話しを書いていこうと思います。 お題は治療に難しいと感じたことです。 というと難病に対してどう取り組んでいくかということになりますが、じつは難病に関しては情報がたくさんあるので、治療にはそこまで苦労しません。 では、なにに対して治療が難しいかというと、飼い主さまが心配されている

Kommentare


bottom of page