top of page
  • まつばらペットクリニック

CRPについて

ワンコの血液検査において、CRPという値を獣医師から説明することがあります。


これは炎症性反応性タンパクというもので、炎症があるかどうかの指標になります。


この値が高ければ炎症があるということになるのですが、ではどこに炎症があるかということになると、それを特定することは出来ません。


また腫瘍があることで、この値が高くなることがあります。


そのため、この値だけで治療を進めるのではなく、その他の検査データとワンコの状態を診ながら治療を考えていきます。


極端なことをいうとCRPが高い、だけどワンコはとても元気といった場合は、今後要注意ではあるけれど経過観察しましょうという説明をすることもあります。


いずれにしろ、検査が全てというわけではないということですね。

閲覧数:35回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2023年今年もよろしくお願いいたします ところで、当院のアイドルのどか、昨年12月に14才を迎えたのですが認知症らしい行動をするようになりました。 朝方5時から6時になると起き出して、部屋の中をウロウロし鳴き出します。 おかげで飼い主である筆者も寝不足です😅。 いろいろ調べてみたところ、どうもヒトで使われている認知症治療薬が効果があるらしいとのこと。 さっそく試してみようと思います。 また経過

9月18日日曜日、9月19日月曜日の診療において、台風の影響によりスタッフの出勤、退勤が難しいと判断した場合は、診療時間の短縮も検討しております。 ご不便ご迷惑おかけしますが、あらかじめご了承下さい。

bottom of page