top of page
  • 執筆者の写真まつばらペットクリニック

犬、ネコの避妊手術について相談を受けることがよくあります。


飼い主さまが心配されているのは麻酔の問題です。


麻酔に関しては十分気を付けておりますが、10才未満だと1/1000の確率で麻酔事故が起こるといわれています。


また避妊手術したあと、老齢になったときに尿失禁の問題が出てくることがあります。


一方、2回目の生理が来る前に避妊手術を行うと乳腺腫瘍の予防、卵巣子宮疾患の予防ができるといわれており、デメリットよりメリットの方が大きいように思えます。


麻酔事故、尿失禁の問題より、卵巣子宮疾患、乳腺腫瘍に罹患する確率が大きいからです。


当院ではこのようなことから、まずは手術を受ける前に術前検査を実施しております。


詳しいことは診察時にご説明します。


下の方に術中の写真をアップしています。こういった写真が苦手な方もいらっしゃるので、スクロールをお願いします。






















この写真は卵巣と子宮を取りだしたところです。


これから根元を結紮し摘出を行います。

閲覧数:38回0件のコメント
  • 執筆者の写真まつばらペットクリニック

















先月は歯石除去を希望される飼い主さまが多い月でした。


歯石除去は麻酔処置になります。


なかには無麻酔で処置を行う先生もいらっしゃいますが、嫌がるわんこたちを押さえつけて行う処置になるので、下顎骨折の原因となることがあります。


そのため当院では麻酔を行いながら歯石除去を行います。


詳しいことは診察時にお伝えしますので、ご希望の飼い主さまはご来院くださいますようお願いいたします。

閲覧数:44回0件のコメント
  • 執筆者の写真まつばらペットクリニック














のどかが亡くなって早2ヶ月が過ぎました。


のどかのことを知ってくださっている飼い主さまより、

温かい言葉を頂き大変感謝しております。


メールやInstagramにもコメントを頂き、ありがとうございました。


のどかから教えてもらったこと、診療に貢献していきたいと思います。


今後ともよろしくお願いいたします。

閲覧数:45回0件のコメント
bottom of page